top of page

リフォーム瑕疵(かし)保険って?

初めてのリフォームや、規模の大きいリフォームの時、「万が一不具合があったら・・・」と、リフォームに踏み切れない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

リフォームは金額が大きい工事も多いですし、不安に思われるのも当然です。


そんな方のため、少しでも安心材料になれば良いなと思い弊社は【リフォーム瑕疵(かし)保険】に2011年から加入しています。


実際、「リフォーム瑕疵(かし)保険に入っている事業者だったので依頼することにしました」というお声をいただくこともあり、世間的な認知も少しずつ広がってきているのかなと感じています。とはいえ、まだまだ知らない方も多いのが実情です。

今日は、リフォーム瑕疵保険とは何なのかを簡単にお話したいと思います!



リフォーム瑕疵(かし)保険とは

 

リフォーム工事のトラブルからお施主様を保護するための保険です。

「検査」と「保証」がセットになっているのが特徴で、工事の瑕疵(不具合)が見つかった場合に利用できます。


ただし、保険への加入はリフォーム会社となり、国土交通省が指定する「住宅瑕疵担保責任保険法人」への事業者登録が必要な点に注意が必要です。(事業者登録にも審査があります)


ちなみに、加入している事業者は保険協会のホームぺージ(一般社団法人住宅瑕疵担保責任保険協会)で検索ができ、保険利用件数などの実績も公開されています。

リフォーム瑕疵保険に加入して工事を行いたいとお考えの方は、事前にお願いしたい施工店が加入済か検索してみると良いかもしれませんね。



メリット①第三者の専門家による検査

 

リフォーム瑕疵保険に申し込むと、工事途中や完了時に検査員(保険会社が派遣する建築士)による検査が行われます。この検査があることにより、施工ミス防止効果があります。


工事の品質は、お施主様ご自身では判断が難しい部分も多いですよね。

その点、リフォーム瑕疵保険に加入すれば、“第三者の立場からプロの目線で工事の品質をチェックしてもらえる”それが保険に入るメリットの一つといえます。




メリット②リフォーム施工店が倒産しても保証される

 

“万が一、施工店が倒産した場合でも保証期間内であれば保証される”これが、瑕疵保険の一番のポイントかなと個人的には思います!

施工箇所に欠陥が見つかり連絡したら倒産!?なんて悲劇が起きたとしても大丈夫。規定内の保険金は100%支払われます。


このような、もしものリスクに備えられるのも保険の良いところですね。





メリット③リフォーム施工店を選ぶ時の目安になる

 

リフォーム瑕疵保険に加入している=保険会社の基準をクリアしているということ。保険会社が認めた事業者であるという点が、まず一つの判断材料にできますよね。


ただし、施工店を選ぶポイントはお客様によって異なると思いますし、瑕疵保険に加入していることが全てではありません。加入していない事業者の中にも優良な施工店はあると思いますので、一つの目安としてお考えいただけたら幸いです。




最後に

 

弊社サンハウスは、リフォームをしたいと思っている方の不安をできるだけ払拭して、安心して工事できるよう心掛けております。

その一つの材料として、リフォーム工事瑕疵保険にも登録しております。


また、リフォーム瑕疵保険を使用しない場合でも、基本的には弊社独自の保証をお付けしております。(保証期間・内容等は工事により異なります)


工事にあたり不安に思うこと、気になることなど、お気軽にご相談いただけたら嬉しいです。

Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page